プロフィール

ふくろうとねこ

Author:ふくろうとねこ
梟と猫

2012年はCAFEからの暖かいスタートで風をきっていきます。
『Salon de 梟と猫 at ファブカフェ!』



2011年春にUKより、JAZZMANレーベルオーナーであるJAZZMAN GERALDと、ロンドン出身のDJ&JAZZ DANCERのLINCOLN WOODを招聘。2011年秋、UKよりDJ KEB DARGEの7度目となる来札の夜を開催致しました。

■JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011/5/2 PLASTIC THEATER

■KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011/9/24 PLASTIC THEATER

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.24ケブダージ札幌、おかげさまで大成功です!ありがとうございました2011-09-26(Mon)

2011.9.24 KEB DARGE JAPAN TOUR in SAPPORO LOST&FOUND SESSION

お越し頂きました皆様、ほんとうにありがとうございました!
この度も特別で盛況として終えることが出来ました。なによりです。
一緒に良い時間を過ごさせて頂き、すごく嬉しく思っています。

また、当日のことを気にかけて下さったり、
沢山のメッセージを届けてくれたりと、心より感謝申し上げます。



ケブダージ。
新しい姿で楽しむ姿は最先端に映り込みました。
1950年代の音楽を、”新鮮さ”でもっての、みごとなPLAY。
この”新鮮さ”は、ものすごく激しいアプローチの仕方でした。

この年代がお好きな方には特に嬉しい瞬間であったし、
馴染みの無かった方は、昨日よりグッと身近に感じたのではないでしょうか。

一人のDJが様々な人々に向かって放つことが出来、皆それを分け隔てなく楽しめた時間が生まれました。
今はまだそれを稀有としてはおりますが、そのうち変わっていくだろうことの一つに思えてなりません。
このことを一番新しく感じており、この日が大きなうねりの分岐点にあるように思います。



今回も闘ってくれたDJ陣のJAYさん、KENさん、高田誠
DJのみならず、細やかなフォローしてくれたCAT MOM SALLY
フライヤーデザインのつばさくん、美術担当のマニさん
flower littleさん、枝を運んでくれたザキさん
大好評だったフードのキムさん、ミナコさん、みえさん
会場のPLASTIC THEATER入山さん、掃除の果てまで付き合ってくれたたかひろ
天国の入り口でお客様を迎え入れてくれた盟友・門番のシノ。
スペシャルサンクス!!!

また、この機会を与えて頂きました
LOST&FOUND in JAPANのBIGBOB AMEMIYAさん、フォトグラファーのきよのさん、カズさん、ウシジマさん
ほんとうにありがとうございました!

また、ジャパンツアーのパイプ役
SOUL FORTUNE SOCIETY玉井哲也さん、カナエさんお疲れ様でした!
ありがとうしかありません。

ケブさん、4年振りでしたね。
札幌にも来てくれてほんとうにありがとう!やっぱり一番のDJです。



さてさて
梟と猫の旅はまだまだ続くのです。

We love u !!



TEXT/神原琴美




keb924.jpg

keb9241.jpg

keb9242.jpg

keb9243.jpg

スポンサーサイト

本日、KEB DARGE+ANDY SMITH LOST&FOUND SESSION KICK OFF!2011-09-21(Wed)


60's Underground Lost & Found Madam JoJo's


とうとう本日となりました!
21日、東京は夜の七時!

KEB DARGE+ANDY SMITH LOST&FOUND in JAPAN KICK OFF PARTYを皮切りに
22日も東京(KEB+ANDYさん)、23日は神戸(KEBさん)、ジャパンツアーバトンを24日札幌(KEBさん)で受け取ります。



24日(土)札幌公演のプラスチックシアターでは。


22時。高田誠からの小気味良く幸先のよい軽快なスタートを切ります。
コンフォータブルボッサ、ファビュラスラウンジなど、BOSSAやJAZZの現場が多いです。
音楽に知性が溢れていて温かいのです。
持ち前のクロスオーバー感覚で相当豊かな色彩です。
高田君をなになに音楽のDJと断定する事は、決して出来ません。


22時半、KANEにスイッチ。
ケブさんの来札の際には、全てパーフェクトに遊びに来て頂いております。
知り合った頃はブラックロックンロールをPLAYしていましたね。
SOULやFUNKも含め、今に至るまで長い旅を続けています。
札幌で唯一のUKスタイルソウルイベント、ギミサムラヴィンでDJやダンスを謳歌しています。
ほんとうに心のこもったよいものを知っている、大事にできる漢です。


23時、ギミサムラヴィンから続いてのBANDO。
MODERN SOULがこんなに良く似合ってPLAYできる方はそんなに多くないでしょう。
ものすっごい洗練さ加減。その感性でNORTHERN SOULも容赦がない。
ダンスもイベント毎にとんでもない上達を見せています。
時々作ってくれるBANDOセレクションCDは、絶対お手にされるべく一品です。
間違いようが無い!


23時半、緊張高まってまいりました!
ギミサムラヴィンの頭、ISHIDA。
高校生だった彼は、いつの間にか父のような存在です。
ケブダージの軌跡のひとつでもあるNORTHERN SOULで真剣に勝負し、
ケブさんへとバトンを渡す夢の時間がここにあります。
思う存分やってください。頑張れよ!


さて24時ちょうど。ケブダージ壱幕目が始まります。
1999年の初来札では、”NITE OF WOLF”が一曲目に選ばれました。
歓声が上がりすぎてイントロがかき消されてしまい、ケブさんの第一声MCが『ウルサーーイ!』でした。
そのあと『woo~サッポロダァ~!』といってから自己紹介へと。
今回はLOST&FOUND色、50sでガンガンきます。
新しいUKの遊び方を示してくれるそんな時間です。


25時、今回のジャパンツアーで唯一の女性DJ、
HIDDEN CHARMSからCAT MOM SALLYがケブさんからのバトンを受けます。
流れがきているというよりは、彼女や仲間が作っている流れ、POPCORNやNEW BREEDを出してきます。
初めて耳にされる方には、サウンドの渋みと彼女の可憐な佇まいのギャップに5度は驚くことになります。
梟と猫では、今とてもクローズアップしているDJです。


25時半、PARTYにいない日はないTAKEZO。
彼もまたギミサムラヴィン、他にもたくさんの活躍の場を実力で手にしているDJです。
曲間の読み、盛り上げのタイミングは強い。
最短の時間で突き抜けてしまったのは、場数を踏みに踏んだ成果でしょう。
TAKEZOスタイルのSOULとDEEP FUNK。
オファーが絶え間なくこれからも続いてゆきます。


26時、KENSUKE。やっと約束を果たせますよ。
今度のケブダージの機会にはお願いしますと言ってから四年が経ちました。
昨年後半からの札幌は重要なDJがどんどん来札されており、その度にとんでもない盛り上がりようです。
例えば、大塚広子さん、RYUHEI THE MANさん、
JAZZMAN GERALDさん、LINCONさんに、先日の黒田大介さん。
この全ての重要なPARTYそれぞれからオファーされ、最強のDEEP FUNKで共演したのが唯一彼です。


26時半、JAYさん。
2005年のケブダージ札幌でもご出演して頂いている上、
JAYさんが円山で経営されている、JAY's CAFEさんとして共催して頂いております。
過去やってきたケブダージジャパンツアー札幌の代表DJとして、お願い致しました。
大人で貫禄あるSEXYな時間をお楽しみください。いぶし銀。
JAYさんに札幌陣をギューッとしめてもらって、
27時ケブダージ弐幕目へ。


今回のテーマは、
KEB DARGEによって蒔かれた種、実りの収穫祭。
ゆかりの音からUK最新サウンドまで焦点があたります。

世界の頂点を極め続けるKEB DARGEが、この日も札幌を世界一の夜にしてくれます。
皆様のお越しを心よりお待ち致しております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます!


TEXT/神原琴美

パーティの準備、はじまる2011-09-14(Wed)

梟と猫の企画では、いくつかのキーワードをもとに会場装飾をしています。

今年5月のJAZZMAN GERALD JAPAN TOUR in SAPPOROの時は、
「春の宴」にちなんで、
会場の天井いっぱいに本物の桜を咲かせました。
ライトに白く浮かび上がる桜の花や、
ちらちら散る花びらがとても幻想的でした。
円山の大好きなお花屋さんのflower littleさんにアドバイス、ご協力いただきました。
今回の装飾用にも、白樺の木を提供して下さっています。
いつもありがとうございます!



さて今回の装飾テーマは、
「夜の森」「秋のお祭り」「豊かな収穫祭」。

札幌在住のイラストレーターmaniさんに
梟、猫、猫、梟の原画を特別に描き下ろしてもらいました。

原画を届けてくれた、彼女からのメッセージ。
「動物と遊んで作ってね。ふざけてあげてね。」

われわれ美術工作班6名は、
アテレコしたり話しかけたりしながら、
愛情こめて、どうぶつたちを印刷し、切り抜き、加工しました。

9月24日の夜にだけ出現する、夜の森での秋祭り。

ぜひ、maniちゃんからうまれた動物たちが戯れる森へ、遊びにきてください!


tirarieda.jpg  397675624.jpg
★はやくも「欲しい!」の声があがっているどうぶつちゃんを、チラリ。

mani
1981年生まれ。
動物やキノコ、植物などの絵を描き、それを切り取った作品や、
映像作品などを作っている。空間コラージュ的作品を目指す。
『動物は好きだけど、嫌われることが多い。』
札幌ノーザンダンス女子部、初代会員。からだがやわらかい。


mani.jpg

おもな展示会
Collaboration・Aromatic展(FAB cafe)
room of the Head展
うたたね展(GALLERY NEWSTAR)
maniten(micro,ivory)
small aquarium展(Cafe&Bar Radio&Records)
展示のほかに、ヨシキブティックとのコラボや、
ファッションショー用のアクセサリーづくり、
オリジナルシールの販売など。






:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


梟と猫 × Gimme Some Lovin'! × BOOGIE SHACK presents
KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO LOST & FOUND SESSION

■日程
9月24日(土) 22:00

■場所
PLASTIC THEATER
北海道札幌市中央区南5条西1丁目 北一ビルB1F
http://www.plastictheater.com/

■前売¥2000 メールご予約¥2000 *フライヤー持参¥2500 *当日¥3000


★来週の土曜日に迫りました~。


打順発表!2011-09-09(Fri)

9.24 DJのタイムテーブルが決定致しました!

若干の緊張と責任感で
DJよりおなか痛いとの報告も受けてますが


『必ず楽しい夜になるになるの!』


だから、いつも通りにPLAY 頂ければ十分に素敵ですから!
好きな音だけを、めいっぱいお願い致します。



9.24 KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO  
★★★★★ MOST SPECIAL DJ 's LIST ★★★★★

22:00 高田誠
22:30 KANE
23:00 BANDO
23:30 ISHIDA
00:00 KEB DARGE
01:00 CAT MOM SALLY
01:30 TAKEZO
02:00 KENSUKE
02:30 JAY
03:00 KEB DARGE


以上のフルコースになります。
どうぞ宜しくお願い致します!

ご予約承り中!
ブログ内のメールフォームをご利用くださいね。

Thank u!

12years, 1999-20112011-09-08(Thu)

keb top




1999年、ケブダージ初来札。

当時の札幌では、NORTHERN SOULやDEEP FUNKをPLAYするDJがいなかった。
そしてケブが来るまでは、その存在を知る由が無かった

NORTHERN SOULを特集したSTUDIO VOICE、インタビュー記事。
ケブがNo.1 NORTHERN SOULダンサーとして君臨し続けた聖地、ウィガンカジノ。
DEEP FUNKを確立し、あまりの人気でダンスフロアを増築するに至らせたLONDONの老舗クラブ、マダムジョジョ。

99年、LONDONで暮らす友人のルームメイトが、
偶然にもケブのジャパンツアープロモーターである事を知り、
私は札幌にもツアーを回して欲しいと懇願し、
ケブのジャパンツアー開催地の一つとなる夢を得た。



ケブが来札する度に、種は蒔かれてゆく。
本人は蒔いているつもりはないのかもしれないが、
札幌に蒔かれた種たちは確実にその芽を出し、札幌の空気をすいこんで育っている。

あれから12年。
今回で7度目の来札を果たす。



2007年のジャパンツアーを終えて
ケブのサウンドが50年代へとシフトしたのを感じ
正直、札幌での次の開催はないだろうと思った。

それまでケブがかけていたMODERN SOULは、明らかに都会の大人のものだったし、
"DEEP FUNK"、その言葉と中身はケブがオリジネーターとして長年創りあげてきたものだ。
まだまだこれから、"GOD FATHER OF FUNK"の称号のままいくだろうという時に。
すでに新たな挑戦をはじめていたのには、すっかりとまどってしまった。

しかしながら、四年が過ぎても耳にする活躍ぶり。
神戸、東京、名古屋、時にはタイやニューヨークに住んでいる友人からも届いた。

ケブダージがいかなる音を触ろうと
ジャパンツアーに選び抜かれた三都市の一つ、
ここ札幌でその挑戦の姿を今度はしっかり見ようと思う。



『アタラシイ、ディスカヴァリィ!』

掘り起こした新発見曲は、マイクを使い紹介するDJ スタイル。
最高にエキサイティングでライヴ感極まりない。
今度は何を見つけてくるんだろう。

本物を嗅ぎ分ける並外れた才能。
音楽への真摯さと、ファニーな人間性。
ケブの軸はぶれることが無い。進化するだけだ。
折しも近年、LONDONのクラブでは、50'Sリヴァイヴァルが起きている。



季節も実りの秋。
蒔かれた種たちは十分に育っている。
ここらで札幌の収穫祭をやろう。

そして、またケブの背中を追うことになるのだろうけど。



神原 琴美 (梟と猫)

DJカネザシの「はいこれ。」第2回天気悪いし、またsoul。2011-09-07(Wed)

003.jpg
(※写真 原稿をもつカネザシ氏。クリックで拡大します)


こんにちは、カネザシです。
リレーコラム2回目です。
2回目はFUNKのレコードを紹介しようと考えていましたが、
最近天気が悪いから、気分が変わりましてまたしてもSOULのレコードをpick upしました。
今回はMOTOWNなんかいかがでしょうか?

HEARTS OF STONE/WHAT DOES IT TAKE (TO WIN YOUR LOVE)
009.jpg



MONITORS/SERVE YOURSELF A CUP OF HAPPINESS
008.jpg




BOBBY TAYLOR/LITTLE MISS SWEETNESS

010.jpg





CONTOURS/IT`S SO HARD BEING A LOSER

007.jpg



最近聴くことが多いレコードです。
CONTOURSは、個人的に思い出のある曲です。
10年くらい前にイベント「Spin motel」をやっていた頃、
一緒にDJをやっていたノーザン好きのY君がDJでかけたり、テープに入れたりしていました。
まさかイシダ親分と催し物をすることになるなんてって感じですね。
(※DJ ISHIDAはSpin motelに客として遊びに行っていた。)
 
ところでとうとう9月ですね。あっという間に24日になるんでしょうね、きっと。
当日いい音楽きいて、酒でものんであそびましょー。それでは

text by DJ KANE



梟と猫 × Gimme Some Lovin'! × BOOGIE SHACK presents
KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
LOST & FOUND SESSION

■日程
9月24日(土) 22:00

■場所
PLASTIC THEATER
北海道札幌市中央区南5条西1丁目 北一ビルB1F
http://www.plastictheater.com/

■前売¥2000 メールご予約¥2000 *フライヤー持参¥2500 *当日¥3000

■チケットお取り扱い店
大丸プレイガイド / 札幌市中央区南1条西3丁目
JAY's CAFE / 札幌市中央区南1条西18丁目1-22 高島ビル1F
RECORDS RECORDS / 札幌市中央区南2条西5丁目
MILK RECORDS / 札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 3階南側
POISONIVY / 北海道千歳市富士2丁目4−18
Bar Magazzino / 札幌市中央区南2条西4丁目 乙井ビルB1F


前売りチケットのご予約、お問い合わせお待ちしております★

BANDO先生の泥酔レコード講座 其の弐「new breed&popcorn」2011-09-05(Mon)


bansama





Landy Mcneil/Move it(Move on)





近年、ヨーロッパや国内の一部で盛り上がりを見せている「new breed」や「popcorn」と呼ばれる類の音楽。

3月のJAZZMAN来札時、一部そういった楽曲をプレイしていたのも記憶に新しいところです。

僕自身不勉強なのと、実際現地のクラブ等で体験していないので、突っこんだことは一切書けませんが、

今回紹介するこの曲もそんな範疇に入るでしょう。

このゆったりとムーディな雰囲気に最初は戸惑いながらも、ハマるとこれがなかなか心地良く、

最近こんなのばかり夜な夜な聴いてるとすっかり酒量も増え、下腹部もポッテリしてきております。





ついでに・・・Landy Mcneilといえば、説明不要の70’sの大名曲



今更ここで紹介するのもあれなレコードですが、とにかく好きな曲なので

(youtubeのコメント欄に「Blackpool Mecca Spin!!」との記載が!ムムッ)






こちらはフリップサイド、個人的にはこちらも推したい!







さて、気付けば来札まで一ヶ月切りましたね。

フライヤー裏面にもありますが、まさしく「邂逅の時」となる一夜を過ごせることを

今からとても楽しみにしてます。踊りあげましょう!呑みあげましょう!

ダンスフロアを磨きあげてお待ちしております。

TEXT by BANDO



梟と猫 × Gimme Some Lovin'! × BOOGIE SHACK presents
KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
LOST & FOUND SESSION


■日程
9月24日(土) 22:00

■場所
PLASTIC THEATER
北海道札幌市中央区南5条西1丁目 北一ビルB1F
http://www.plastictheater.com/

■前売¥2000 メールご予約¥2000 *フライヤー持参¥2500 *当日¥3000

■チケットお取り扱い店
大丸プレイガイド / 札幌市中央区南1条西3丁目
JAY's CAFE / 札幌市中央区南1条西18丁目1-22 高島ビル1F
RECORDS RECORDS / 札幌市中央区南2条西5丁目
MILK RECORDS / 札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 3階南側
POISONIVY / 北海道千歳市富士2丁目4−18
Bar Magazzino / 札幌市中央区南2条西4丁目 乙井ビルB1F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。