プロフィール

ふくろうとねこ

Author:ふくろうとねこ
梟と猫

2012年はCAFEからの暖かいスタートで風をきっていきます。
『Salon de 梟と猫 at ファブカフェ!』



2011年春にUKより、JAZZMANレーベルオーナーであるJAZZMAN GERALDと、ロンドン出身のDJ&JAZZ DANCERのLINCOLN WOODを招聘。2011年秋、UKよりDJ KEB DARGEの7度目となる来札の夜を開催致しました。

■JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011/5/2 PLASTIC THEATER

■KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011/9/24 PLASTIC THEATER

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GSLの石田です2011-08-29(Mon)

こんにちは。
まずはこちら3曲をどうぞ。

Eric Lomax-Seven The Loser
ガヤ入り賑やか濃厚バンドサウンド+ジェントルな歌い回し
(僕PLAY)


Gwen Owens-Just Say You Wanted(And Needed)
余裕を感じさせるが実は爆裂突進重厚バンドサウンド+十分に伸びる歌声
(BANDO PLAY!)


Larry Allen-Can’t We Talk It Over
(札幌ではCLUBでPLAYされたことないハズ)

鍵盤が神々しい響きをもたらす+勢い一発?疾走感たっぷりなサウンド+包容感溢れる歌いっぷり(Hold me!)。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
会社の同僚や知人に、音楽が好きでDJパーティなどやってるというと
「どういう音楽なの?」
と嬉しい質問をしてくれます。

そこで、
「1960年代~70年代のある種のソウルミュージックを~」
って話を喜んでさせてもらうのですが、(一応、空気は読みます)

大抵

「?」
という反応に、90%の確率でなります。

百聞は一聴(一見)に如かず、ということで、
CDを貸したりして聴いてもらう中で
「これがよかったよ!」
または
「収録曲の中ではこれが聴きやすかった。」
という曲調が存在することに気付きます。

上の3曲はそうして選抜された曲です。
普段この手の音楽に馴染みが薄い人にとって
少しでも楽しんでもらえていたら、
こちらとしては素直に嬉しいですね。

この3曲に共通するものは・・・・

さて、なんでしょう?

見事に正解を導きだした方には
一杯おごらせて頂きましょう!

KTF!!

text by ISHIDA

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


梟と猫 × Gimme Some Lovin'! × BOOGIE SHACK presents
KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO LOST & FOUND SESSION

■日程
9月24日(土) 22:00

■場所
PLASTIC THEATER
北海道札幌市中央区南5条西1丁目 北一ビルB1F
http://www.plastictheater.com/

■前売¥2000 メールご予約¥2000 *フライヤー持参¥2500 *当日¥3000

前売りチケット好評発売中☆

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。