プロフィール

ふくろうとねこ

Author:ふくろうとねこ
梟と猫

2012年はCAFEからの暖かいスタートで風をきっていきます。
『Salon de 梟と猫 at ファブカフェ!』



2011年春にUKより、JAZZMANレーベルオーナーであるJAZZMAN GERALDと、ロンドン出身のDJ&JAZZ DANCERのLINCOLN WOODを招聘。2011年秋、UKよりDJ KEB DARGEの7度目となる来札の夜を開催致しました。

■JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011/5/2 PLASTIC THEATER

■KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011/9/24 PLASTIC THEATER

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、KEB DARGE+ANDY SMITH LOST&FOUND SESSION KICK OFF!2011-09-21(Wed)


60's Underground Lost & Found Madam JoJo's


とうとう本日となりました!
21日、東京は夜の七時!

KEB DARGE+ANDY SMITH LOST&FOUND in JAPAN KICK OFF PARTYを皮切りに
22日も東京(KEB+ANDYさん)、23日は神戸(KEBさん)、ジャパンツアーバトンを24日札幌(KEBさん)で受け取ります。



24日(土)札幌公演のプラスチックシアターでは。


22時。高田誠からの小気味良く幸先のよい軽快なスタートを切ります。
コンフォータブルボッサ、ファビュラスラウンジなど、BOSSAやJAZZの現場が多いです。
音楽に知性が溢れていて温かいのです。
持ち前のクロスオーバー感覚で相当豊かな色彩です。
高田君をなになに音楽のDJと断定する事は、決して出来ません。


22時半、KANEにスイッチ。
ケブさんの来札の際には、全てパーフェクトに遊びに来て頂いております。
知り合った頃はブラックロックンロールをPLAYしていましたね。
SOULやFUNKも含め、今に至るまで長い旅を続けています。
札幌で唯一のUKスタイルソウルイベント、ギミサムラヴィンでDJやダンスを謳歌しています。
ほんとうに心のこもったよいものを知っている、大事にできる漢です。


23時、ギミサムラヴィンから続いてのBANDO。
MODERN SOULがこんなに良く似合ってPLAYできる方はそんなに多くないでしょう。
ものすっごい洗練さ加減。その感性でNORTHERN SOULも容赦がない。
ダンスもイベント毎にとんでもない上達を見せています。
時々作ってくれるBANDOセレクションCDは、絶対お手にされるべく一品です。
間違いようが無い!


23時半、緊張高まってまいりました!
ギミサムラヴィンの頭、ISHIDA。
高校生だった彼は、いつの間にか父のような存在です。
ケブダージの軌跡のひとつでもあるNORTHERN SOULで真剣に勝負し、
ケブさんへとバトンを渡す夢の時間がここにあります。
思う存分やってください。頑張れよ!


さて24時ちょうど。ケブダージ壱幕目が始まります。
1999年の初来札では、”NITE OF WOLF”が一曲目に選ばれました。
歓声が上がりすぎてイントロがかき消されてしまい、ケブさんの第一声MCが『ウルサーーイ!』でした。
そのあと『woo~サッポロダァ~!』といってから自己紹介へと。
今回はLOST&FOUND色、50sでガンガンきます。
新しいUKの遊び方を示してくれるそんな時間です。


25時、今回のジャパンツアーで唯一の女性DJ、
HIDDEN CHARMSからCAT MOM SALLYがケブさんからのバトンを受けます。
流れがきているというよりは、彼女や仲間が作っている流れ、POPCORNやNEW BREEDを出してきます。
初めて耳にされる方には、サウンドの渋みと彼女の可憐な佇まいのギャップに5度は驚くことになります。
梟と猫では、今とてもクローズアップしているDJです。


25時半、PARTYにいない日はないTAKEZO。
彼もまたギミサムラヴィン、他にもたくさんの活躍の場を実力で手にしているDJです。
曲間の読み、盛り上げのタイミングは強い。
最短の時間で突き抜けてしまったのは、場数を踏みに踏んだ成果でしょう。
TAKEZOスタイルのSOULとDEEP FUNK。
オファーが絶え間なくこれからも続いてゆきます。


26時、KENSUKE。やっと約束を果たせますよ。
今度のケブダージの機会にはお願いしますと言ってから四年が経ちました。
昨年後半からの札幌は重要なDJがどんどん来札されており、その度にとんでもない盛り上がりようです。
例えば、大塚広子さん、RYUHEI THE MANさん、
JAZZMAN GERALDさん、LINCONさんに、先日の黒田大介さん。
この全ての重要なPARTYそれぞれからオファーされ、最強のDEEP FUNKで共演したのが唯一彼です。


26時半、JAYさん。
2005年のケブダージ札幌でもご出演して頂いている上、
JAYさんが円山で経営されている、JAY's CAFEさんとして共催して頂いております。
過去やってきたケブダージジャパンツアー札幌の代表DJとして、お願い致しました。
大人で貫禄あるSEXYな時間をお楽しみください。いぶし銀。
JAYさんに札幌陣をギューッとしめてもらって、
27時ケブダージ弐幕目へ。


今回のテーマは、
KEB DARGEによって蒔かれた種、実りの収穫祭。
ゆかりの音からUK最新サウンドまで焦点があたります。

世界の頂点を極め続けるKEB DARGEが、この日も札幌を世界一の夜にしてくれます。
皆様のお越しを心よりお待ち致しております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます!


TEXT/神原琴美
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。